TEKLYNX CENTRALが解決する、ビジネスでよく見られる3つの問題

3回にわたるTEKLYNX CENTRALウェビナーシリーズでは、TEKLYNXによってビジネス上の問題に取り組んだお客様とそのソリューションについて3つの典型例で見ていきます。

トピック:第1部 – プロセスのデザインとコントロール

以下に関するノウハウをご紹介します。

  • ラベル作成とデザインに関する時間とリソースの節約
  • 自動化プロセスによるラベル承認のシンプル化
  • 監査証跡を保持した上での業界標準の準拠

トピック:第2部 – ラベル自動化とそのメリット

その実現方法:

  • ラベルプリンティングプロセスを自動化することでの、ラベルのプリンティング時のエラーの減少と効率性向上
  • SAPやOracleなど、既存の主要なビジネスシステムとの統合によるプロセスの円滑化

オーウェンス・コーニングの情報システム専門家であるジョン・バトラーによる、SAP統合によるラベル作成プロセスの自動化。

トピック:第3部 – グローバルラベリングソリューションのメリットと活用

次の実践的なデモンストレーションを行ないます。

  • システム管理の集中化による導入とアップグレードの迅速化
  • 部門や地域、役割などによるユーザー体験のカスタマイズがもたらす効率向上
  • ラベスの版管理を確実にし、承認ラベルだけの利用によるエラーの削減

さらに、Sartori Companyのシステム管理者であるテッド・ロステンコウスキが、TEKLYNX CENTRALへの移行によるラベリングプロセスの複雑さ回避に関して説明します。

  • 価値あるパートナー 全パートナーを表示
  • マイクロソフト ゴールド認定パートナー
  • オラクル・ゴールドパートナー