TEKLYNX CENTRAL GHS

GHS準拠ラベルソフトウェア

TEKLYNX CENTRAL GHSでGHS (Globally Harmonized System) ラベル要件とCLP規則を満足させてください。

TEKLYNX CENTRAL GHSは、化学物質を正確に識別するためのラベルを作成して化学物質のラベリング要件をサポートするGHSソリューションを提供し、最高のトレーサビリティを実現します。グローバルビジネスにおいてはGHSシステムの規則は導入され始めたばかりですが、いずれは現在あるすべての化学物質のラベリングシステムがこの要件に従うようになると予想されます。

ビジネス 長所

お客様のビジネスニーズをもれなく満たした単一ソリューションを導入することで GHSコンプライアンス をいち早く達成してください。

サプライヤーネットワーク用に利用されるラベルプリンティング ネットワークを超えたプリンティングを可能にすることで、社内で承認されたラベルをプリントするローカルプリンティングの機能がサプライヤーやベンダーにまで提供されます。

社内外でブランド構築力を高めます。 ユーザーインターフェースの配色をカスタマイズし、自社のロゴをプリントページに加えます。それが社内リソースであっても、TEKLYNX CENTRALによるベンダーのプリンティングでも、ブランディングは一環しています。

エラーを減らし、直ちに投資収益率(ROI)を高めます。 一体的なプロセス自動化と集中管理でお客様のGHS MSDSラベリングプロセス業務が円滑化されます。このソリューションによってシンプルになるプリントインターフェースにより再プリントが減り、部材コストの節約につながります。

正確さと生産性が向上します カスタマイズ可能なユーザーインターフェースにより操作が簡単になり、エンドユーザーは自分がプリンティングすべきGHSラベルについて学ぶだけで済みます。

IT管理の負担を軽減。 ワークフローの承認ルールとユーザー認証を管理する集中化インターフェースにより、IT担当者によるシステム設定と維持管理に要する時間が削減されます。

効率の向上。 TEKLYNX CENTRAL GHSのユーザーインターフェースはブラウザベースで、全社的なラベリングプロセスでエンドユーザーによる操作が簡単になります。

柔軟性と拡張性。 設定オプションや互換性のあるプリンターとドライバーの数が他にはないほどで、既存のプロセスへの統合が容易なシステムです。

簡単に利用できる業界標準のラベリング要素。 TEKLYNX CENTRAL GHSは、コンプライアンスラベルに必要な承認済メッセージが必ず含まれるよう、シンボルやシグナルワード、ハザード要素を集中データベースから取り出すことができ、効率が上がります。

TEKLYNX CENTRAL GHSのソリューションは次のようなものです。

  • テキストファイルやデータベースからの情報を用いて、GHSの要求を満たす標準化されたデータ要素を含むラベルを簡単にデザインできるラベルデザイナー。
  • ラベルセキュリティとトレーサビリティが求められる業界要件を満たしながら、電子署名でラベルデザインを承認可能なラベル承認モジュール。
  • 自動化ネットワークプリンティングモジュールは、分散した数百台のプリンターを一台のサーバーで管理でき、導入に必要な時間と費用が削減できます。
  • カスタムレポーティングオプションは文書履歴と行動ログを提供します。
  • ラベルを選択でき、世界中のどこからでもインターネットプリンティングが可能なブラウザベースのユーザーインターフェースです。
  • ひとつのCommand Centerで社内のラベルを管理。

TEKLYNXを使う理由

TEKLYNXが群を抜いて支持されるのは、次の3つの理由によります。それは、 評価、製品の革新性、そして人です。 企業規模の大小や複雑さの程度に関わらず、TEKLYNXはお客様のニーズに合うソリューションを提供し、お客様の業務の高度化に対応していきます。
オペレーティングシステム
サーバー:
Windows® Server 2008 SP2
Windows Server 2008 R2
Windows® Server 2012 / 2012 R2
Windows® 32/64ビットプラットフォーム

クライアント:
Windows® Vista SP2
Windows® 7 SP1
Windows® 8/8.1
Windows® 32/64ビットプラットフォーム
メモリ
2 GB RAMを推奨
ハードディスク空き容量
サーバー:
3 GB以上の空き容量をもつハードドライブ

クライアント:
1.5 GB以上の空き容量をもつハードドライブ
ディスプレイ
Recommended:1024 x 768 - トゥルーカラー
サポートするソフトウェア
サーバー:
Internet Explorer 9以上
Firefox 23.0以上
Google Chrome 29.0以上
.NET Framework 3.5 SP1、
.NET Framework 4.0
ASP .NET 4.0
IIS 7.0以上
SQL Server 2008/2008R2/2012またはOracle 11 (32/64ビットシステムではOracle Client 32ビットを推奨)
クライアント:
Internet Explorer 9以上
Firefox 23.0以上
Google Chrome 29.0以上
Microsoft® Data Access Components 2.8(MDAC)
Microsoft® .Net Framework 3.5 SP1
Adobe Acrobat Reader 9.0以上
追加要件
DVDドライブ
マウス
GHSについて。
GHSは、化学品の分類および表示に関するGlobally Harmonized System(世界調和システム)の略語です。このシステムは化学品ラベリングの分類を標準化し、調和させるために作られました。これは、化学物質に暴露される可能性のある人々に一貫した保護を提供し、化学物質を製造する企業に対する規則を簡素化することが目標です。GHSに従うことで、企業は安全な作業環境や、危険有害性周知基準に準拠することによる効率性の向上やコストの削減、国際間の輸送プロセスの簡素化といったメリットが得られます。
GHSがカバーする化学物質の種類。
この分類プロセスは、物質や製品、混合物、調合物、その他の化合物に関連した潜在的な危険を見出すべく設計されたもので、企業はあらゆる種類の化学物質に関連した危険情報を伝えられるようになります。
TEKLYNX CENTRAL GHSによるエンタープライズラベル管理とプリンティングで使われている技術
TEKLYNX CENTRAL GHSのラベルデザインコンポーネントはCODESOFTであり、ラベル管理モジュールはLABEL ARCHIVEが使われています。ブラウザベースのプリンティングインターフェースはLABELNETで、集中プリント管理はSENTINELによります。
CODESOFTがサポートする言語
欧州、中東、アフリカ地域:アラビア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、ラトビア語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語。アジア地域:中国語(簡体字と繁体字)、英語、日本語、韓国語。
TEKLYNX CENTRAL GHSのライセンス形態
TEKLYNX CENTRAL GHSのライセンスは、お客様が必要とする数々のプリンター、プリントユーザー、ラベルデザインユーザー、レポーティングユーザーが使用します。TEKLYNX CENTRAL GHSを購入された後は、企業の成長に合わせてプリンターやユーザーを容易に追加していただけます。
自社のラベリングシステムに関するすべてのコンポーネントに対するユーザーライセンスと権利を集中管理できるでしょうか。
プリンター、プリントユーザー、ラベルデザインユーザー、レポートユーザーすべてを一台のサーバーで管理できます。認証は、TEKLYNXユーザーセキュリティあるいはWindowsのアクティブディレクトリを使用して設定できます。
プリントのために個々のワークステーションへのインストールは不要
ブラウザベースのプリンティングインターフェースはお客様のInternet Explorerブラウザ上に現れるため、個別のソフトウェアをインストールする必要はありません。
TEKLYNX CENTRAL GHSによるラベルの承認管理
これは可能で、ラベル管理コンポーネントにより独自の承認ルールを作成できます。ラベルの承認はラベルデザイナーで、あるいはウェブインターフェースから可能です。
個別のユーザーに異なる権限を付与
ユーザーに対しTEKLYNX CENTRAL GHSが持つ異なる機能を設定でき、ユーザーがアクセスできるラベルやプリンターをシステムで設定できます。
ユーザーが可能なプリント時の目視によるラベル確認
ブラウザベースのプリンティングインターフェースにより、プリントボタンのすぐ上にラベルのプレビューが表示されます。プリント時に可変情報が追加されるケースでは、プレビューはその情報を表示します。
ユーザーによるラベルデザインの変更や未承認ラベルプリントの防止
プリント時にはラベルデザインを変更することはできません。さらに、承認されていないラベルがプリントできないよう、ラベルやプリンターにユーザー制限をかけるようシステムを設定することもできます。
TEKLYNX CENTRAL GHSがもつレポーティングオプション
レポートはプリント履歴や文書変更時に作成されます。レポートは業務でもっとも重要な情報を表示するようにカスタマイズできます。
プリント履歴の追跡、レポート
プリント履歴レポートはサーバー上で作ることができます。プリント履歴レポートには、日時、プリンター、ラベルにプリントされた可変情報が表示されます。TEKLYNX CENTRAL GHSにはまた、それぞれのプリントジョブに対するユーザーやワークステーション、製品、ワークオーダーが記録されます。
CENTRAL GHSでラベルと設定データの保存に使用されているデータベース
ラベルと設定データはMicrosoft SQLデータベースによって保存されます。ラベルにプリントされるデータはOLEデータベース接続を通じてクエリできます。
プリンターの管理はどこで可能か
プリンターはサーバにインストールされ、そこで設定と管理がなされるため、個々のワークステーションで勝手に変更されてしまうことがありません。
社外ネットワークでのプリント
ブラウザベースのプリンティングインターフェースがパブリックな場所で公開されていれば、ユーザーは自身のローカルネットワークに接続されたプリンターにプリントできます。ブラウザベースのユーザーインターフェースによりラベルを選択でき、世界中のどこからでもインターネットプリンティングが可能です。
TEKLYNX CENTRAL GHSのデモ版あるいはトライアル版の入手方法
お近くのTEKLYNXにお問い合わせいただくか、 デモリクエストフォームにご記入ください.
TEKLYNX CENTRAL GHSの価格
価格に関しては当社の営業部門がご案内します。お近くのTEKLYNXにお問い合わせください。
  • 価値あるパートナー 全パートナーを表示
  • マイクロソフト ゴールド認定パートナー
  • オラクル・ゴールドパートナー